脂肪燃焼サプリ効果のヒミツ~脂肪を燃焼させる7つの成分とダイエット効果

ダイエットをしているけれど、なかなか体重が落ちない……

「毎日しっかり運動もしているし、食事にも気を使っているのに、体重が落ちない!」
ダイエットをしている人であれば、誰もが一度はこんな悩みを抱いたことがあるのではないでしょうか?努力をしているのに結果がついてこないと、やる気もそがれてしまいますよね。

そんな時は、ダイエットをサポートしてくれるサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか?サプリメントを利用することで、より効率的にダイエットを進めることができるようになります。

しかし一口に「ダイエットサプリメント」といっても、その種類は多種多様です。今回は、脂肪燃焼サプリにスポットを当てて、その成分を詳しく解説したいと思います。

脂肪燃焼サプリとは?

脂肪燃焼サプリとは、簡単に言うと「脂肪を燃焼させやすくして、運動効率を高めてくれるサプリメント」のことを指します。

ダイエットは、体重を落とすことよりも体脂肪を落とすことが重要です。脂肪燃焼サプリは、体脂肪を落とすのをサポートしてくれるため、賢く利用することでより効率的にダイエットを行うことができるようになります。

脂肪燃焼サプリには、次のような商品があります。
・シボヘール
・デュアスラリア
・ラ・キュット
・黒しょうが+5つの黒スリム
・スリムバーン
・ウエストシェイプ
・コレスリム
・α-リポ酸

いずれの商品も、配合されている成分は異なりますが、脂肪燃焼を助けて運動効率と代謝をアップさせ、ダイエットをサポートしてくれるサプリメントです。

代表的な7つの成分とダイエット効果

それでは、脂肪燃焼サプリメントに含まれている代表的な成分を詳しく見ていきましょう。

・L-カルニチン
L-カルニチンは、牛肉などに多く含まれているアミノ酸の一種で、脂肪の燃焼を助けてくれます。成人一人あたりの平均摂取量は1日75mgと言われており、そのうち10mgは私たちの体内で作られています。

L-カルニチンはもともと心臓病の薬として使われていました。サプリメントをはじめとした食品として使われるようになったのは2003年からで、筋肉が動くためのエネルギーを作り出す成分として注目されたのです。

L-カルニチンは、脂肪をミトコンドリアに運ぶ働きがあります。脂肪はミトコンドリアに運ばれて初めて燃焼されるため、充分な量のL-カルニチンを補うことは脂肪の運搬量・燃焼量をアップさせることにつながるのです。加えて運動も行うことで、さらに効率的に脂肪を燃焼させることができるようになります。筋肉もつくので基礎代謝が上がって普段の消費カロリーがアップするため、痩せやすく太りにくい体へと徐々に変わっていくのです。

ダイエット中は、どうしても肉や魚を敬遠して、L-カルニチンが不足しやすくなります。そんな時はサプリメントなどを上手に活用して、L-カルニチンを積極的に補うようにしましょう。

 

・カプサイシン
カプサイシンは、唐辛子などに含まれる辛み成分です。
唐辛子などの辛い物を食べた時に起きる様々な反応は、このカプサイシンによるものとされています。

体内に入ったカプサイシンは、血流にのって体のすみずみに運ばれます。すると、副腎皮質から「アドレナリン」というホルモンが分泌されます。アドレナリンは脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化させ、エネルギーの代謝をアップさせるため、効率よく脂肪を燃焼することができるのです。

一般的に、運動中は糖からエネルギーとして使われます。しかし、カプサイシンを摂取して脂肪分解酵素「リパーゼ」を活性化させると、早い段階から脂肪がエネルギーとして使われるようになるのです。
結果として体に脂肪が溜まりにくくなり、より効率的なダイエットが可能になると言われています。

カプサイシンは脂肪の燃焼を助ける成分ですが、摂り過ぎには注意が必要です。
刺激が強い成分なので、摂り過ぎると胃腸が荒れるおそれがあります。

・ガラナ
ガラナはブラジル原産の植物で、コーヒーよりも多くカフェインを含むことで知られています。
最近では、滋養強壮効果を期待して、飲み物やガムなどに含まれていることも多い成分です。

ガラナには、カフェインだけでなくカフェインに似た成分も含まれています。
キサンチンやテオブロミンといったそれらの成分は、カフェインよりも穏やかに、長い時間作用することが研究の結果わかっています。

ガラナもまたカプサイシンと同じように「アドレナリン」の分泌を促す作用がある成分です。
それだけでなく、集中力を高める効果も期待できます。そのため、運動に集中しやすくなり、より効率的な脂肪の燃焼が期待できると言えるでしょう。

 

・BCAA
BCAAは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」という3つの必須アミノ酸の総称です。
人間の体の中で作り出すことができないアミノ酸で、運動時のエネルギー源になります。

BCAAが不足していると、スムーズに脂肪を燃焼することができなくなります。
BCAAは肉や魚、大豆製品や乳製品に豊富に含まれているので、ダイエット中でもこれらの食品を積極的に摂取するようにしましょう。
・カフェイン
カフェインは、コーヒー豆やカカオなどに含まれる成分です。昔は薬としても使用されており、現在は食品などにも添加されるようになりました。

カフェインの主な効果は、「集中力をアップさせる」「目を覚まさせる」などですが、近年の研究によって脂肪燃焼効果もあることがわかりました。

・αリポ酸
αリポ酸は、私たちの体の一つ一つの細胞に存在している物質で、生きていく上で欠かせないエネルギーを作り出しています。

αリポ酸は糖・たんぱく質・脂質の中でも糖の代謝に深く関わっており、αリポ酸が不足するとスムーズにエネルギーを作り出すことができなくなってしまいます。
余った糖は脂肪に変換されて体に蓄えられるため、体に脂肪を溜めないようにするには糖質をしっかりとエネルギーに変換することが必要なのです。

αリポ酸はレバーやほうれん草、トマト、にんじんに豊富に含まれています。
しかし、より効率的に補うにはサプリメントを利用するのがおすすめです。

・プロリン
プロリンは、たんぱく質などを構成するアミノ酸の一種で、コラーゲンを構成する主要な成分です。
プロリンには脂肪分解酵素のリパーゼを活性化させる働きがあることから、脂肪の燃焼をサポートする働きがあると言われています。
プロリンは豚肉や湯葉、マシュマロなどに豊富に含まれています。
運動前に摂取することでより脂肪燃焼効果が高まる成分です。

 

サプリメントを飲むタイミングはいつが良いの?

では、脂肪燃焼サプリメントを飲むタイミングはいつが良いのでしょうか?

運動をしている人であれば、運動する30分前ぐらいに飲むとより強力な脂肪燃焼サポート効果を実感できると言われています。

脂肪燃焼サプリメントは、飲んだだけで脂肪を燃焼させてくれるサプリメントではありません。あくまでも脂肪燃焼のベースは運動で、サプリメントはその効果をサポートしてくれるものです。サプリメントだけ飲んで運動しないのでは、充分な効果を実感することはできません。脂肪燃焼サプリを利用するときは、適度な運動も併せて行うようにしましょう。

 

サプリメントを利用して運動効率を上げよう!

脂肪燃焼サプリは運動効率をアップさせてくれるものです。
代表的な成分には
・L-カルニチン
・カプサイシン
・ガラナ
・BCAA
・カフェイン
・αリポ酸
・プロリン
などがあります。

いずれも食べ物から摂取できるものではありますが、より効率的に補うにはサプリメントを利用するのがおすすめです。脂肪燃焼サプリを利用して運動効率をアップさせ、スムーズにダイエットを進めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です